各種証明書の発行
寄付金について

ナスカイレポート

理科くらぶ ② ~火と色

更新日:2014/10/31
平成26年10月25日(土)の14時30分から那須高原海城中学校・高等学校多摩キャンパス理科実験室2において、第2回『理科くらぶ』(全3回)を行いました。
今回は親子7組が参加し、テーマは「火と色」で清水が担当しました。

始めに、次第に変色する花火を見せて、何を入れるとこのような色の火ができるのかをこの日の実験を通して学ぶことを伝えました。
そして、炎色反応の実験と線香花火作りを行いました。
炎色反応の実験では、身近な物質から普段は用いることのない物質まで、火の中に入れて色を見ました。
用いた物質は、食塩、重曹、ベーキングパウダー、ホウ酸、塩化リチウム、塩化ストロンチウム、塩化カリウムです。
方法は、鉄の線の先に小さな輪を作り、そこに洗濯のりをつけたあと、各物質をつけ、その部分をカセットコンロの火の中に入れました。
結果は食塩、重曹、ベーキングパウダーがオレンジ色、ホウ酸が緑色、塩化リチウムと塩化ストロンチウムは赤色、塩化カリウムは桃色と書いていた人が多いようでした。
もっときれいに色を見てもらうために、炎色反応を示すものを含む塩とステアリン酸をメタノールに溶かしたものに火をつけて炎色反応を見ました。
塩は、塩化リチウム,塩化ナトリウム,硝酸カリウム,塩化カルシウム,塩化ストロンチウム,硝酸バリウムです。

次に、銅(Ⅱ)イオンを含む物質の炎色反応を見る実験を行いました。
方法は、銅線を熱して赤くしたあとラップにつけ、その部分を火の中に入れます。
結果は、炎が青緑色になりました。

最後に、線香花火作りを行いました。
和剤の材料は炭酸カリウム、硫黄、鉄粉、炭素です。和剤とは、花火に使用する薬品の混合物です。
それぞれ必要な量をはかり、乳鉢に入れて細かくしました。
和剤をポリ袋に入れてよく振って混ぜ、半紙の先端に和剤を入れて包むと線香花火が完成します。
火薬なしの和剤でしたが、参加した皆さんは上手に作り、きれいな花火になりました。
最後に、私が作った火薬ありの和剤を入れた線香花火に点火して演示しました。

参加した皆さんの感想の一部を紹介します。

・花火をやって楽しかった。
・理科で線香花火を作れるなんて思っていなかったからびっくりしました。大きい玉ができてよかった。
・思ったよりきれいな線香花火ができた。
・すごく楽しかったです。
・ものすごく花火が楽しかった。自分でも花火は作れるんだなーと思った。

理科くらぶ ① ~金魚

更新日:2014/10/27
平成26年9月27日(土)の14時30分から第1回『理科くらぶ』(全3回)を開催しました。
『理科くらぶ』は、多摩市周辺の小学生を対象にした講座で、今年は親子7組が参加しました。

第1回のテーマは「金魚」で理科教諭の内村が担当しました。
補助員として高校1年生のK君とH君が手伝ってくれました。

講座は、まず、水槽から取り出した金魚に瞬間冷却スプレー(スポーツなどで熱くなった体を冷やすのに使う:ドラッグストアで購入)を10秒程度吹き付けて凍らせ、凍った金魚を水槽に戻すと氷が溶けるにつれて金魚が再び泳ぎだす様子を見てもらいました。

次に、金魚の赤い色は鱗(うろこ)に由来しているのか、それとも鱗の下の皮膚に由来しているのかを小学生に実体顕微鏡を使って観察してもらいました。

また、鱗を2~3枚ピンセットで取り光学顕微鏡でも観察することで鱗には木の年輪と同じように日周輪があり、魚の年齢を測定できることを体験してもらいました。

また、金魚とホンモロコ(多摩川で採集)の鱗を比較して違いを観察してもらっていると、参加した小学生の一人が、今回観察してもらいたかった色素胞(体色の明暗を調節する細胞)に気付いて発言してくれたので、皆で色素胞の色や構造、体での分布を観察しました。

最後に、魚の神経が色素胞をどのようにコントロールして体色(明暗)を変化させているのかを説明した後に、スーパーで買ったアジを解剖して脳や脊髄などの中枢神経系を観察しました。

今回の実験では、全体的に材料が小さかったので小学生には扱いづらい点が多かったにも関わらず、参加生徒は熱心に観察を続けていました。
実験をサポートしてくれたK君とH君には感謝したいと思います。

ナスカイ料理男子 ~タイ料理に挑戦!

更新日:2014/10/24
先週の金曜日、家庭科は調理実習でした。
この日のメニューは「ガパオライス」と「生春巻き」というタイ料理でした。

高校2年生はみんな料理が好きなようで、真剣に楽しんでいます。
完成! ガパオライス&生春巻き

生徒たちは昼食後にもかかわらず、モリモリ食べていたようです。
自分で作った料理は“5割増し”で美味しいものです。

多摩市清掃活動に参加しました

更新日:2014/10/20
先週の木曜日、多摩市の清掃活動に参加しました。
この清掃活動は春と秋にあり、豊ヶ丘に来てから参加をつづけています。

全校生徒が8班に分けられ、それぞれの班が出発していきます。
生徒たちはそれぞれの持ち場でしっかりと清掃活動をおこないました。

生徒のがんばりを地域の方はしっかり見てくださっています。
さまざまな場面でお褒めの言葉をいただくのも、日頃のこうした生徒の地道な取り組みが実を結んでのことです。

世界情勢にアンテナをはろう ~時事講座

更新日:2014/10/15
先週火曜日の夜、国際寮で「時事講座」が開かれました。

生徒が居住している7階と8階が吹き抜けになっているラウンジで講座はおこなわれました。
ラウンジは通常、帰寮のチェック、食事の受け渡し、会議、休息などで使われ、今は赤本なども並べられていて多目的に利用されています。

今回は8名の生徒が受講しました。
今回のテーマは、「イスラム国」と「円安」。

生徒たちは真剣に藤江先生の話を聞き、そして自分の意見を述べていきました。

白熱した講座は夜9時まで続いていきました。

時事講座は、今回のようなナスカイ生だけでおこなう時事問題の学習と、すでに2度実施したような国際寮の留学生をまじえたディスカッションとの2本立てでおこなっています。

最初  前へ  [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]  次へ  最後