各種証明書の発行
寄付金について

校長あいさつ

那須高原海城中学校・高等学校 校長 茂木 雅之
那須高原海城中学校・高等学校 校長 茂木 雅之

 2011年4月より、清水前校長の後任として赴任いたしました茂木(もてぎ)です。よろしくお願いいたします。

 那須高原海城中学校・高等学校の理念及び目的は、「新しい紳士」の育成です。単に学力や教養を備えるだけでなく、フェアーな精神を持ち、すべてのものに暖かい思いやりの心で接することのできる、豊かな人間性を持った人材を育成することです。それは、世界中で活躍できる「真のグローバルな人材」の育成と言い換えてもよいのかもしれません。

 日本の教育制度では、中学・高校の時期を「中等教育」期間と呼びますが、私はその「中等教育」期間というのは人間形成に最も大切な時期だと確信しています。

 12歳~18歳という年齢の時期は、人の一生の中でも最も多感で正義感が強く、時に潔癖な時期です。

 何でも人を頼りにするのではなく、自分の頭で考え、自ら困難や難局に立ち向かっていく強さが求められ、精神的に親離れをして自立し、自律することを実践しなければいけない時期です。「男の子」が「男」にかわる時期でもあります。

 そのような時期に学校生活を送る那須高原海城中学校・高等学校は、全寮制の男子中高一貫校として15年の歴史を持つ、日本におけるボーディングスクールの草分け的な存在でもあります。

 私は、今まで培われてきた那須海城のノウハウを更に磨き上げ、ご子息が社会に出てから、「流石、那須海城卒の人は一味ちがう」といわれるような「ナスカイブランド」を確立するように頑張ってまいります。

 東日本大震災の影響で、残念ながら、現在は那須を離れ東京都多摩市に本部を置いておりますが、那須海城の目指すところがご子息の成長にとってプラスであるとお考えの皆様、ぜひ一度お訪ね下さい。 お待ちしております。